妊娠そばかす対策

妊娠したら肌トラブルが起きる女性はかなり多くいますが、その中でもそばかすに悩まされる妊婦さんはたくさんいます。
実は妊娠中のそばかすは妊娠性肝斑という診断名もあるくらい、ぜんぜん珍しいものではないんです。

「妊娠していろいろ大変なのに、なんで今ソバカスまでできるの!?」

と思ってしまうかもしれませんが、実は妊娠した今だからできやすいということもあるんです。

そして、妊娠中にできたそばかすは基本的には出産後時間が経てば消えていくものなのですが、しっかりケアをしないとそばかすがずっと残ってしまうこともあるので、「自分だけは大丈夫」と思わずにしっかりとそばかすの対策をしましょう。

妊娠したらそばかすが増える理由

そもそも妊娠したら何故そばかすが増えるのかと言うと、それは女性特有の体のしくみにあります。
女性が妊娠するとホルモンのバランスが変わり、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が増えます。

肌の表皮にあるメラニン細胞はホルモンの増加によって活性化するという特徴を持っており、女性ホルモンが増加する事でシミやそばかすが増えるのが理由です。

ようするに、妊娠によってホルモンのバランスが変わって、メラニン細胞というシミやそばかすを作る細胞が活性化してしまうのが妊娠するとそばかすが増える原因です。

出産が終わった産後はそばかすは消えていくの?

それでは妊娠してできてしまったそばかすは出産が終われば消えてしまうのか、つまり妊娠でできたそばかすは一時的なもので済むのか?と言うと、残念ながらそうでもないケースもあるんです。
確かに出産すれば、女性ホルモンの分泌量も通常通りに戻り、目立っていたそばかすも消えていきます。

しかし、中には出産した後もそばかすがそのまま残ってしまったという女性もいます。

理由は妊娠中の紫外線対策にあります。

妊娠中に出たそばかす(妊娠性肝斑)に紫外線を浴びると、色素沈着を起こしている部分が濃くなってしまうのです。
そうなると、出産後もそばかすが消えないで残ってしまう可能性があります。
そんな場合は出産後のソバカス対策をする必要がありますが、出産後は妊娠中以上に時間がとれず大変なので、妊娠中にできるだけケアをしておきたいです。
そこで、妊娠中にそばかすができたり増えたりした場合は紫外線対策をしっかりすることが重要です。

妊娠中に必ず行っておきたいのが、紫外線対策

妊娠中にはいつもよりも紫外線対策を十分に行っておく必要があります。
日傘やサングラス、帽子と色々なアイテムを駆使して日焼けを防ぎましょう。

また大切なのが日焼け止めですが、妊娠中はホルモンの影響を受け肌が敏感肌になる女性も多いので、シワの原因になる紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使用するなど、肌に良いタイプの日焼け止めを選ぶ事をおすすめします。
「そばかすは消えたけど変わりにシワができてしまった」なんて嫌ですからね。

スキンケアを見直して美白に効果的なコスメでケア

妊娠中は普段よりも肌トラブルを抱えやすいもの。
いつものスキンケアを見直して、できれば美白効果が期待できるスキンケアを使用しましょう。

妊娠中に使用したい美白成分はハイドロキノンやトラネキサム酸、肌への負担が少ないと言われているビタミンC誘導体が入ったものがおすすめです。
またその他にもヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿力の高いスキンケアが同時にできるとなお良いですね。

「出産した途端におばさん化したね」なんて言われたらかなりショックですからね。
言われることはなくても、自分で鏡を見たときに「シワができちゃったな」とか「そばかす消えないな、残っちゃったのかな?」とか思うのも嫌ですね。

子供が産まれたらしばらくは赤ちゃん優先で自分の時間がなかなかとれない生活が始まり、ケアをするのも大変です。
妊娠中の今もいろいろ大変かもしれませんが、出産後、赤ちゃんが産まれてからはもっと時間がとれなくなるので、妊娠中のうちにきちんとケアしておきましょう。