出産後のそばかすケア方法

子供を産んでからふと鏡を見ると、「え!?そばかすができてる!?」という人はいませんか?実は、出産後にそばかすができたというケースって意外とあるんです。
また妊娠中にできたそばかすが、出産後も消えない、いっこうに減らないと悩んでいる人も少なくありません。

妊娠中にできたソバカスに対しては、妊婦の間にしっかりと肌のお手入れをして妊娠中のそばかす対策をしておきたいですが、出産後も引き続きケアが必要なのです。

出産後のそばかすの原因

出産後は美肌ホルモン(エストロゲン)が一気に減少する

出産した後は妊娠中に増加していたエストロゲンというホルモンが猛スピードで減少していくので、更年期と似たような症状が出る場合があります。
産後うつもそうですし、そばかすなどの肌トラブルはホルモンの影響を受けて出る症状の1つです。

エストロゲンは別名美肌ホルモンとも呼ばれ、更年期にさしかかる時期には積極的に摂りたいホルモンです。
その美肌ホルモン・エストロゲンが産後はいっきに減少するため、肌バリアが低下してそばかすが出るのです。

エストロゲンは活性酸素を除去する働きも持っているのですが、産後はそれが減少するため新陳代謝が低下します。
それによりそばかすが増える事も考えられます。

妊娠中の色素沈着が理由で産後にそばかすが定着する

妊娠中は増加したホルモンの影響でもそばかすが出やすくなりますが、妊娠中にできてしまったそばかすのケアを行わなかったり紫外線を浴びる生活を繰り返す事によってそばかすの色素が濃くなります
どんどん濃くなっていったそばかすは色素沈着を引き起こし、そばかすが出産後も消えない・減らないというのも理由の1つです。

産後そばかすは消える事があるのか?

産後や、妊娠中にできて産後も減らないそばかすは消えていく事はあるのか気になりますね。
妊娠中にできたそばかすで、妊娠中のそばかす対策とケアをしっかりとしていたなら、出産後に自然と消えていくことはあります。
妊娠中に増加していたプロゲステロンが減少して正常値に戻れば、メラニンの生成も落ち着くので、妊娠中にできたそばかすは3ヶ月から半年程で消えていくとは言われています。

しかし、紫外線を浴びて濃くなってしまったなど、色素沈着を起こしたそばかすは中々消えにくく、薄くなるにも個人差があり絶対消えるとは言えません。

出産後にしておきたいそばかす対策

妊娠中にそばかすができたら美白や紫外線対策をしているでしょうが、産後も半年から1年ほどはそれを続けていって欲しいのです。
産後の肌はかなりデリケートになっているので、選ぶなら低刺激、無添加の美白スキンケアが良いでしょう。

またメラニンの沈着を予防する働きをもつビタミンCを食事からも積極的に摂ることが大切です。
ビタミンCは柑橘類や緑黄色野菜に含まれています。その他にも肌のターンオーバーを促進させるビタミンAも意識して摂りましょう。

女性はホルモンの影響を一生受ける動物だと言われていますが、産後は特にその影響が大きいです。
できるだけ対策を行って、そばかすを増やさないようにしたいですね。