そばかすを隠す化粧品下地

化粧下地とひとことで言っても、色の付いていないクリアタイプや白、肌の色と同じ色の下地があります。
そばかすなどの肌悩みを持つタイプの人にはコントロールカラーといって様々な色がある下地を使うのがおすすめです。

肌の部位に合わせて使い分けをすると良いですよ。

カバーと同時にUVカットをしてくれる下地

下地にはカバー力があるだけでなく、UVカットをしてくれる日焼け止めの役割を持つものがあります。
そばかすは紫外線が天敵ですので、下地にもUVカットがあるものがおすすめです。

コントロールカラーは気になる所にのみトントンと馴染ませるようにつけるのがコツです。

そばかすにはイエロー系の化粧下地がおすすめ

化粧下地はファンデーションと似た色の物も売られており、肌の色むら補正をしたいなら肌色タイプを使うのも良いでしょう。
その場合肌よりもワントーン暗めの色で馴染ませるのが良いです。

またそばかすを隠すのはイエローかオレンジですので、肌色タイプの下地でもイエロー系を選ぶか、コントロールカラーのイエローを選ぶと良いですね。

ツヤ感を出したいならパール系やラメを活用

そばかすに悩む人は同時に乾燥肌である事が多いです。
乾燥肌の人はマット肌よりもツヤ肌を目指した方が健康的に見えます。

肌に水分が欲しい時は、下地に保湿成分の含まれているものを選びましょう。
またツヤ感が欲しい時にはパール系やラメの入った下地を使用します。

ラメやパールは一番はじめの下地に使うと嫌味のないツヤ肌になります。
光が反射しやすいので、顔も立体的に見えてそばかすも目立ちにくくなります。

もっとカバー力が欲しい時はBBクリームを下地代わりに

そばかすも隠したいけど、くすみや小鼻の赤みなど色々な悩みがある場合、どこに何色をつけて良いのか分からなくなります。
全ての肌悩みに合わせてコントロールカラーを買っていたら結構な出費になります。

そんな時はカバー力のあるBBクリームを下地代わりに使い、仕上げのルースパウダーを買うかお手持ちのパウダーファンデーションで整えると良いでしょう。
BBクリームでそばかすが消えそうなら仕上げはパウダーのみで時短にもなります。

BBクリームには色々な美容成分が含まれているので、肌荒れを気にする人にもおすすめです。
下地をうまく使えばかなりそばかすを目立たせなくする事が可能です。

化粧下地はできるだけ薄くのばして塗る事が綺麗にファンデーションを濡れるコツです。

いろいろ対策はありますが、やはり化粧で隠しているのは一時的な対策だし、続けていると刺激にもなりそばかすが濃くなったりする原因にもなります。そばかす対策専用のクリームなどを使って根本から改善していきたいですね。