そばかすを隠すメイク:ファンデーションの使い方のポイント

そばかすをメイクでうまく隠すためにはファンデーション選びと使い方が重要となります。
いくら良いファンデを使用しても、使い方が分からないといまいち上手に隠せませんので、ポイントをしっかりと覚えておきたいですね。

厚塗りになりたくないならコンシーラーとファンデの二個使い

あまり何度も重ね塗りしたくない人や、どうも面倒だという人には元々ファンデにカバー力があるタイプを使用すると良いでしょう。
クリームタイプであれば薄いそばかすなら隠してくれます。

しかしそんなファンデはそばかす以外の所もしっかりとカバーするので、塗った感が出てしまい、厚塗りになりがち。
厚塗り化粧が嫌な人はリキッドファンデやパウダーファンデーションとコンシーラーの二個使いがナチュラルに見えておすすめです。

ファンデーションは気になる部分から塗る

ファンデーションは顔の気になる部分から塗りましょう。
そばかすの部分はしっかりと手で叩きながら馴染ませます。

その他の気にならない部分はスポンジやパフでさっと塗る程度にすると、厚化粧に見えなくて自然に見えます。
その後、まだそばかすが気になる所に二度塗りを行います。

そばかす部分のファンデーションの馴染ませ方

そばかす全体に重ね塗りをすると、厚ぼったくなるので、小さいブラシでファンデを取りピンポイントでそばかすに塗ります。
その後手でトントンと周りの肌とファンデをぼかすのですが、そばかすがある部分ではなく周りの部分を薄くぼかします。

そばかすのシミの部分をトントンするとまた黒い部分がうっすら浮き出るので、ここは細いですが、周りをぼかすことを意識しましょう。
そばかすが密集していて難しい場合は全体をトントンと重ねて塗っていきます。

点々と濃いそばかすにはスティックファンデをのせてはぼかす

点は小さいが濃い色のそばかすに効果的なのがスティックファンデです。
スティックファンデなら狙い打ちができるので、気になる所に厚く塗っても顔全体が厚塗りにはなりません。

ただスティックファンデも塗った後は手で叩きながら塗りこまないと馴染まないので、手で塗っていきます。
逆に薄くてもやもやしたような輪郭のはっきりしないそばかすはリキッドやクリームなど柔らかいファンデの方が隠しやすいでしょう。

まずは自分のそばかすが薄いのか濃いのか、また面積はどうかなどを細かく知ることから始めましょう。
それでファンデをある程度決めたら、色々な塗り方を試してみるのが良いですね。

ファンデーションをうまく使えば、そばかすをメイクで隠すことはできますが、やはりファンデーションもそばかすへの刺激になり、そばかすが濃くなったりする原因にもなります。そばかす対策専用のクリームなどを使って根本から改善していきたいですね。