そばかす消す化粧品

そばかすを消す(隠す)ための化粧品は様々な物があります。
できればそれ単体を使用するよりも、色々なアイテムを同時に使ってそばかすを隠す方が効果的に消す事ができます。

特にコンシーラーは色を混ぜて使う事もできるので、色を味方にして上手くそばかすを隠していきましょう。

化粧下地はそばかすを隠す色味を選ぼう

化粧下地には色々な色があり、コントロールカラーとも呼ばれています。
化粧のノリを良くするために下地はメイク時には必須ですが、そばかすをカバーしてくれる色の下地を選びましょう。

そばかすを隠すにはイエローやオレンジ系の下地が効果的ですが、赤っぽいシミならグリーンもおすすめです。
下地には保湿成分やUV効果的があるものを使用するのが良いでしょう。

顔のそばかすにコンシーラーは必須

顔にでる肌トラブルにはコンシーラーは必須です。
シミやそばかすには伸びないタイプの固めのコンシーラーが有効で、ニキビなど盛り上がったものには基本はリキッドタイプを塗ります。

筆やスティックで塗ったら手で軽く叩き込んで肌に馴染ませましょう。
コンシーラーを選ぶ時には自分の肌よりも濃くそばかすの色味と馴染む色を使うのが、うまく隠すコツです。

ファンデーションは柔らかいものがおすすめ

ファンデーションを選ぶ時にはパウダリーよりもクリームやリキッドタイプが肌に馴染みやすく、カバー力では上です。
ファンデーションを全体につけた後にコンシーラーでそばかすを隠します。

その後まだ気になる時にはコンシーラーかファンデーションで二度づけをすると良いですね。
リキッドの仕上げとしてパウダリーファンデーションをつけるのも悪くはないのですが、かなり厚塗り感が出てしまうので、その場合は気になる所にのみ付ける方がおすすめ。

またファンデよりもルースパウダーの方が光を集めてくれ、軽いのでそばかすにも効果的です。

BBクリームならカバー力もあり肌にも優しい

忙しくてメイクに時間をさけない人や、毎日メイクをするのは肌への負担が気になるという人にはBBクリームがおすすめです。
BBクリームには下地や美容クリーム、ファンデなどそれ1つで様々な役割を持っている物が多いので、肌への負担も少なく済みます。

カバー力もリキッドと同様にあるので、気になるそばかすの所にはBBクリームを重ねづけをするのがポイントです。
べたつきが気になる所には後からパウダーでコーティングすると良いでしょう。

そばかすを消すメイクアイテムは沢山あります。
色々使えば肌への負担もかかるので、普段から美容クリームで肌をいたわる事も大切です。