そばかすの除去や治療の方法

そばかすを元から全て消して、綺麗な肌になりたいと思う人も少なくありません。
子供の頃からずっと長く悩んでいる人は尚更そう思うでしょう。

そばかすを消すためにはどんな方法があるか気になりますね。

皮膚科や美容皮膚科で内服薬と軟膏を塗る

効果的にそばかすをなくしたいのであれば、まずは飲む薬と軟膏の治療が良いでしょう。
病院で処方される薬はドラッグストアなどで売られている薬とはまた違い、軟膏は保険もきかないので高いですが、サプリメントなどよりは効果があらわれるのは早いでしょう。

中にはピーリングのように皮がめくれていく塗り薬もあります。
用法、用量を守らなければならないのできちんと医師の指示を聞いて通うのが大切です。

スイッチレーザーやIPLで光を当てて除去

薬で数ヶ月様子を見ても効果がいまいちならレーザーという選択もあります。
レーザーも軟膏と同様に保険対象外ですが、今は色々なところで受けられるので金額もおさえめになってきています。

IPLの場合はパワーが少なめなので、照射した後も変わらぬ肌ですが、スイッチレーザーの場合は痛みも強く、のちにかさぶたになって剥がれていきます。
当然メイクもその間できませんし、見た目も気になるというリスクもあります。

微弱電流を流してそばかすを治療するイオン導入

そばかすに有効とされている美白成分を、微弱電流を肌に与えながら塗る事で浸透効果を高めたイオン導入という方法があります。
普通のスキンケアのように塗っただけでは入りにくい成分を電気の力で肌の奥へ入れる方法です。

光治療と一緒に行う人が多いですが、効果については個人差がありあまり効果的でない人もいます。
ただ肌に良い成分が入りやすいため肌自体も健康的で綺麗になれるので治療する人も多いです。

そばかす対策の薬用クリーム

最近話題になっているのがソバカス対策の薬用クリームです。雑誌などでも話題で美容皮膚科などの病院での治療よりお金がかからず、レーザー治療のように化粧ができない期間などのリスクもなく、寝る前に美容液を塗る感覚でそばかす対策ができるのと、効果があるという口コミも多いので試してみる価値はあると思います。

消えても再発の恐れがあるため除去後も紫外線対策を忘れずに

レーザーを照射したらうまくいけば1回でそばかすが綺麗になることもありますし、何度か治療をすればだいたいきれいになります。

しかし一度ソバカスを消せたらそれで一生そばかすが出ないのかといえばそうではありません。

個人差はありますが、遺伝性のそばかすの場合シミが奥深いため数年で再発する可能性もあります。
また紫外線を浴びてしまうと、またそこからそばかすが出てくるのでレーザーをした後も毎日の日焼け止めや保湿ケアはかなり重要になります。

何としてでも早くにそばかすを消したいとなると、医療の力が必要になります。
ただ一度治療をしても毎日のケアは大切ですし、一生安泰とも言えません。コツコツとした肌対策が必要になります。