コンシーラーで上手にシミやそばかすを隠す方法

そばかすをはじめ、ニキビやシミなど肌トラブルがあると通常のファンデでは隠す事ができないことがあります。
そんな時にあると便利なのがコンシーラーです。

コンシーラーといっても色々な種類や色味も微妙に違うので、肌に合ったものを選ぶことからはじめましょう。

そばかす隠しメイクに合うコンシーラーの種類は?

コンシーラーにはリキッドやクリームタイプや固めのペンシルやスティク型があります。
そばかすは大体濃い点々が沢山あるので、あまり伸びが無い方が塗りやすくなっています。

輪郭がはっきりとしたそばかすにはスティクやペンシルタイプを、もやっとしていて広範囲にそばかすがある場合はリキッドやクリームタイプがおすすめです。

リキッドやクリームタイプは筆で塗るタイプやチューブ式があるので、塗りやすい方を選ぶと良いですね。

コンシーラーの色はどう選ぶの?

コンシーラーは肌の色と同等か、それより暗い色を選ぶ事が重要です。
明るい色を選んでしまうとそこだけハイライト効果が出てしまうので、そばかすがより目立ってしまったり白浮きします。

自分の肌がブルーベースならピンクがかったものを、イエローベースなら黄色味がかったものを選ぶと肌が健康的に見えます。
自分がどちらか分からない場合は洋服の色を選ぶ時、ピンクやブルーが似合う人はブルーベース。
グリーンや茶色などアースカラーが似合う人はイエローベースです。

ベースメイクを作る時のコンシーラーの順番

コンシーラーを塗る順番は、ファンデーションのタイプで変わります。
下地の後にファンデーションがリキッドやクリームタイプの場合はファンデの後にコンシーラーを塗ります。

一方パウダリーファンデーションの場合はコンシーラーが先になります。
ファンデの後にコンシーラーを塗る場合はルースパウダーがあると自然に見えて良いでしょう。

コンシーラーをぼかす時のポイント

コンシーラーをそばかすにのせたら、手でトントンと叩きながら他の肌の部分と馴染ませます。
その際そばかすの周りをぼかすように馴染ませるのがポイント。

そばかすが広範囲にあって難しい場合は薄く均一にコンシーラーを伸ばすような感じで馴染ませます。
コンシーラーは筆で伸ばす方が均一に伸びるので、伸ばす時は筆、叩くのは手でと使い分けるとやりやすいです。

コンシーラーは一色のものよりも、混ぜて色々な色味が作れる何色かセットになったものもおすすめです。
そばかすによっても色が違うので、その時その時で色を作ってのせてみましょう。

コンシーラーはそばかす隠しメイクの秘密兵器!しかし、やはりメイクはそばかすへの刺激になり、そばかすが濃くなったりする原因にもなります。そばかす対策専用のクリームなどを使って根本から改善していきたいですね。