子供と大人のそばかすの違い

そばかす、と言えばどんな年代の人を思い出しますか?
ある人は大人の女性、またある人は外国人の子供を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

そう、そばかすは子供にも大人にもできる症状ですが、子供のそばかすと大人のそばかすにはできる原因の違いがあります。

子供の頃のそばかすの原因について

子供にあるそばかすはほとんどが遺伝によってできている雀卵斑と呼ばれる正真正銘のそばかすです。
遺伝子にそばかすが組み込まれている、というよりも”そばかすになりやすい体質”を親から受け継いで遺伝するようです。

ですから、子供のそばかすは紫外線を外遊びでよく浴びるようになる幼稚園年長から小学校1年生くらいの時に発症する人が多いです。

子供のそばかすに有効な対策・ケア方法

子供はそばかすが原因でからかわれたりする事もあるので、できれば何とかしてあげたいですよね。
しかし子供の頃からあるそばかすは、思春期を過ぎる頃には自然と消えると言われています。

ですから無理にそばかすを取ろうと肌に刺激を与える方が、後にそばかすが消えない原因を作ることにもなるので、大人用のスキンケアをする必要はありません。
ただ、必ず紫外線対策を行い、肌に優しい日焼け止めを塗るのはかかさず行いたい対策です。

大人になってからのそばかすの原因

大人のそばかすの原因は、肌への刺激や傷跡、また加齢によるものやストレスなどがあります。
その他妊娠や更年期によって女性ホルモンの影響からくるものもあります。

後天的な理由が多いのが大人になってからのそばかすですが、中には子供の頃からそばかすがあり、それが消える事なく残ってしまった肌の弱いタイプの人もいます。
大人の場合はしみやそばかすなど色々な症状が混在している場合もあるので、対処法も色々と試さなければ消えないガンコなものとなるそばかすもあります。

ここでは大人のソバカスの基本的な対策について紹介していきます。

大人のそばかすに効果的な対策・ケアや対処法

1.自分でできる対処法

大人のそばかすにはできるだけ紫外線を浴びさせないように日焼け止めや帽子を活用する事はもちろん、美白効果の期待できるスキンケアを利用しましょう。

また、良かれと思ってしていたスキンケアが実はそばかすには良くない事もあります。

例えば毎日ピーリングをしたり、強いパッティングでの化粧水の付け方などがそうです。
肌への刺激は余計にシミを生むので気をつけましょう。

特にそばかすができる人は敏感肌や乾燥肌など肌が弱い人が多いので、「美白成分でケアしたい」のと「肌への刺激にならないように」というバランスが難しい場合が多いです。

そんなときはそばかすを消すための美白成分が入っていてかつ低刺激のそばかす対策用の薬用クリームでスキンケアをするのもおすすめです。

とにかく、紫外線やこするなどの刺激を与えないこと(悪化や濃くなることを防ぐ)。そしてクリームや化粧品などで美白する(そばかすを消す)ということを心がけましょう。※ただし美白の際の化粧品の刺激には注意

あとは食事やサプリメントでビタミンCを補う事も対策としては良いでしょう。

2.病院やクリニックでの治療

いくら自分で対策をしてもそばかすが消えない場合や、急いで対策をしたい場合は病院やクリニックでの治療や、レーザーなどの手術を受けることになります。

病院やクリニックでの治療として軟膏や内服薬、美容皮膚科でのレーザー治療や光治療などの対策法もあります。そばかすを病院や薬で治療するのカテゴリでそれぞれ解説しているので詳細は各記事をクリックしてご確認ください。

子供と大人のそばかす対処法のまとめ

子供のそばかすも大人のそばかすも、対処法としては紫外線を極力浴びないようにする事、そばかすに刺激を与えないことが大切です。刺激によって悪化させないように気をつけるということですね。これは大人の場合も子供の場合も同じです。

そして、子供の場合は成長とともに自然に消えるのを待つこと。大人の場合は刺激の低い化粧品やクリームなどで美白成分などで時間をかけて徐々に薄くしていくこと。

そして、どうしても急いで消したい場合は病院での治療を行うことになります。

そばかす対策は肌への刺激を避け、大人は特にスキンケアをしっかりと行う事が重要です。