そばかすができやすい人の特徴

同じ姉妹で同じように育ってきたのに、そばかすが出る人と出来ない人っていますね。何故違いが出るのか不思議です。
実はそばかすができやすい人には様々な特徴があります。

色の白い人で日焼けすると赤くなる人はそばかすができやすい

同じ色白の人でも日焼けをすると色素沈着を起こさずに赤く炎症してヒリヒリする人がいます。
そういう肌質の人はそばかすが出やすいといって良いでしょう。

色が白いという事はそれだけメラニンが少ないという事です。
メラニンはそもそも肌を紫外線から守るためにあるものなので、メラニンが少ないという事は肌を守りきれないためそばかすやシミが出やすいのです。

その時は何でもなくても、後からそばかすが出るパターンもあります。だから毎日のケアが大切になるのです。

そばかすが出やすい食事を続けている人

体内で食べたものによって体が錆びる酸化が進む状態にあるとそばかすは出やすいと言われています。
体が錆びる食べ物なんてあるの?と思いますが動物の脂は酸化を引き起こす代表的な食べ物です。

脂っこい食事などが大好きな人は肌荒れを起こしやすいと言えます。
最近では糖化によるそばかすも懸念されており、砂糖が含まれた卵を焼くと、こんがりと焦げやすい「糖化現象」が体内でも起こるとされています。

甘いものが好きな女性は肌の糖化も要チェックです。

スキンケアが間違っている場合

毛穴を綺麗にしようとブラシでゴシゴシこすったり、無意識のうちにタオルで肌をこすってしまい、それが肌の刺激となる事があります。
ひどくなると摩擦黒皮症という症状を引き起こす事も…

また肌を綺麗にしようとエステや自宅での強いマッサージによる肌のシミやそばかすもあるので注意が必要です。

睡眠不足や活性酸素を過剰分泌させてしまう生活習慣

昼に太陽光を浴びてメラニンが作られても、人は寝ている間にそれを排出させる事で肌を守っています。
しかし睡眠不足などでじゅうぶんに肌のターンオーバーができなかったら、メラニンが排出されずそばかすが出る事があります。

その他にも体を酸化させるタバコやストレスの多い生活など、活性酸素を過剰に分泌させる事が肌はおろか体全体の老化を早めてしまう原因にもなっています。
1つの生活習慣だけでは大した事はなくても、色んな要因が重なってそばかすができやすい体質を作ってしまっている可能性があります。

肌質を変える事は難しいのですが、自分の肌をよく知り、それにあう対処法を試す事はできますね。
シミやそばかすができやすい肌質の人は肌をより守ってあげましょう。